払い過ぎた利息「過払い金」を取り戻そう!

オリコに取引履歴を送ってもらうために

オリコから取引履歴を取るためには、開示請求書を送付するか、
営業店舗に直接行く方法があります。

>> オリコの営業店舗の一覧

取引履歴の開示申請書を郵送する場合は、オリコの公式ホームページからダウンロードすることができます。プリンタがなければセブンイレブンのネットプリントなどを利用すればよいでしょう。

必要な書類としては、下記3点です。

  • 取引履歴の開示請求書
  • 本人確認書類
  • 開示申請手数料1,000円

そうなんです!
オリコは取引履歴の開示手数料を取っているんです。それも1,000円。
営業店舗へ出向いたときには、現金払い。
郵送で頼むときには郵便局の普通為替か定額小為替を同封する必要があります。

確かに開示手数料を取ってはいけないと決まっているわけではないので、文句も言えないのかもしれませんが、ちょっと納得できないですね。

アコムやプロミスのような消費者金融でさえ無料で対応してくれるのに・・・

というか、取引履歴の開示は無料としてるところがほとんどなのに。

開示までにかかる期間は約10日ほどです。

以前は、開示された取引履歴に問題があった

利用期間が長い場合、取引当初の入金額(返済額)が実際に支払った金額よりも少なく記録されていたのです。そのまま引き直し計算をしてしまっては過払い金が少なくなってしまうので、しっかり内容をチェックしなければなりませんでした。(橋本司法書士事務所さんのブログより)

今でこそ、その様なことはないらしいですが、十分注意を払いたいものです。※オリコへの過払い請求のポイント

貸金業者各社の取引履歴の開示窓口について