過払い請求NET

個別か一連かでキャッシング会社も支払う過払い金に大きな差が出ることがあります。

払いすぎた利息を自分の力で取り戻そう!

分断か一連かで取り戻せる過払い金は大きく違うことも!

長い間、キャッシングを利用している人は、一度完済したのだけれども、またお金を借りることになったということがあるかと思います。

過払い請求では、これが大きな問題となることがあります。

完済前の取引(第一取引)と完済後の取引(第二取引)を一つの取引(一連取引)として扱うのか、それぞれ個別の取引として扱うのかで取り戻せる過払い金が変わってくるからです。
一連取引と個別取引と判断された場合の過払い金の比較

また個別の取引とされると第1取引の最終取引後から10年が経っていれば過払い金の返還請求権は時効になって請求することができなくなります。

できることなら一連取引となる方が良いのです。

どのような場合に一連計算が認められるのか

第一取引と第二取引の基本契約が一つである限り空白期間の長さに関係なく一連取引と認められます。これは最高裁第一小法廷2009年1月22日の判決で示されています。

また基本契約が別であったとしたら一つの取引とみなすだけの「特段の事情」があったかがポイントとなります。ポイントをあげてみますと、

  • 第1の基本契約に基づく貸付け及び弁済が反復継続して行われた期間の長さ
  • 第1の基本契約に基づく最終の弁済から第2の基本契約に基づく最初の貸付けまでの期間
  • 第1の基本契約についての契約書の返還の有無
  • 第1の基本契約に基づく借入等に際し使用されるカードが発行されている場合にはその失効手続の有無
  • 第1の基本契約に基づく最終の弁済から第2の基本契約が締結されるまでの間における貸主と借主との接触の状況
  • 第2の基本契約が締結されるに至る経緯
  • 第1と第2の各基本契約における利率等の契約条件の異同等の事情

赤文字にしているところなどが分かりやすいのではないでしょうか。

これは最高裁第二小法廷2008年1月18日の判決の中で取り上げられていました。

過払い請求で知っておきたい知識や雑学

過払い金を取り戻そう! ~過払い請求NET~