払い過ぎた利息「過払い金」を取り戻そう!

グレーゾーン金利とは?

グレーゾーン金利を説明するときには、利息の上限を決めている二つの法律について説明する必要があります。

  • 利息制限法
  • 出資法

実は、この二つの法律には、矛盾点があるのです。

利息制限法
元本10万円迄の場合は、20%まで
元本100万円迄の場合は、18%まで
元本100万円超の場合は、15%まで

そして、これを超過する部分は無効とすることが決まっています。

出資法
元本に拘わらず、金利29.2%まで

図で見てもらうとよく分かると思います。

利息制限法と出資法の間の金利がグレーゾーン金利と呼ばれています。

片方の出資法では、29.2%までは認めるとしているのに、もう片方の利息制限法では、元本毎に上限金利を決め、且つ、超える部分は無効としているのです。

この利息制限法では無効であり、出資法では有効とされる矛盾した部分の金利をグレーゾーン金利と呼んでいるのです。

多くの貸金業者は、このグレーゾーン金利の中で自社の金利を設定して、お金を貸し出していました。そのグレーゾーン金利が認められなくなったため現在の過払い金の返還請求に応じなければならなくなってきました。

なお、2010年6月18日より出資法の上限金利が20%となったため、
それ以降、グレーゾーン金利とよばれるものはありません

過払い請求で知っておきたい知識や雑学