払い過ぎた利息「過払い金」を取り戻そう!

残債が減れば上限利率も変動するのか

この判例の説明に入る前に前提となる利息制限法について説明を。

貸金業者からお金を借りた時には利息をつけて返済します。
この利息について定めているのが利息制限法です。

利息制限法で定められている金利
元本10万円未満 年20%まで
元本10万円以上100万円未満 年18%まで
元本100万円以上 年15%まで

※上限金利を超えた部分については無効。
※無効部分は元本に充当して計算。

お金を借り始めた時には、10万円未満だったという方や100万円未満だったという人でも長い取引の中で借入額が増えていく人もいるのではないでしょうか。

例えば、初めて借りたのは10万円未満、100万円未満だったけれども、途中で借入額を増やして10万円以上、100万円以上になってしまった場合です。

このような場合、上記の金利表に従って借入金の残額に従って上限利率が下がります。

今回の裁判で問題となったのは、逆に返済を続けていって再び10万円未満、100万円未満になった場合の上限金利が上がるのかということです。

返済によって借入残額が減少しても利率の変更はしません

追加でお金を借りて元本が増えている。
それによって、年18%超は無効、年15%超は無効という約定(契約)になっている。

その後、返済によって借入金の残額が減ったとしても「一度 無効になったものが有効になるわけではない」ということです。

また元本についても

  • 借入極度額 (利用限度額) ではない
  • 今までの借入金の残額と新たな借入金の合計金額

ということにも触れていますね。

最高裁判例 詳細
事件番号 平成21(受)955
事件名 不当利得返還請求事件
裁判年月日 平成22年04月20日
法廷名 最高裁判所第三小法廷
裁判種別 判決
結果 破棄差戻し
判例集 巻・号・頁 民集 第64巻3号921頁
原審裁判所名 福岡高等裁判所 那覇支部
原審事件番号 平成20(ネ)99
原審裁判年月日 平成21年02月10日
判示事項 1 継続的な金銭消費貸借取引に関する基本契約に基づいて金銭の借入れと弁済が繰り返され,同契約に基づく債務の弁済がその借入金全体に対して行われる場合における利息制限法1条1項にいう「元本」の額
2 継続的な金銭消費貸借取引に関する基本契約に基づいて金銭の借入れと弁済が繰り返され同契約に基づく債務の弁済がその借入金全体に対して行われる場合において,上記取引の過程におけるある借入れの時点で従前の借入金残元本と新たな借入金との合計額が利息制限法1条1項所定の各区分における下限額を下回るに至ったときに,上記取引に適用される制限利率
裁判要旨 1 継続的な金銭消費貸借取引に関する基本契約に基づいて金銭の借入れと弁済が繰り返され,同契約に基づく債務の弁済がその借入金全体に対して行われる場合における利息制限法1条1項にいう「元本」の額は,各借入れの時点における従前の借入金残元本と新たな借入金との合計額をいい,従前の借入金残元本の額は,弁済金のうち制限超過部分があるときはこれを上記基本契約に基づく借入金債務の元本に充当して計算する。 2 継続的な金銭消費貸借取引に関する基本契約に基づいて金銭の借入れと弁済が繰り返され,同契約に基づく債務の弁済がその借入金全体に対して行われる場合において,上記取引の過程におけるある借入れの時点で,従前の借入金残元本と新たな借入金との合計額が利息制限法1条1項所定の各区分における下限額を下回るに至ったとしても,上記取引に適用される制限利率は変更されない。
参照法条 利息制限法1条1項

過払い請求に役立つ最高裁判例集