過払い請求NET

貸金業者に今までの取引履歴の開示を請求しよう!アコム・アイフル・プロミスなど会社毎の開示窓口、方法も解説。

払いすぎた利息を自分の力で取り戻そう!

貸金業者への取引履歴の開示請求方法

過払い金が発生しているかを引き直し計算するための資料として、取引履歴を貸金業者に開示してもらう必要があります。

取引履歴には、あなたがいつ契約をしたのか、それ以降、現在に至るまでの全ての取引情報(借入日・返済日・金額)が記されています

この取引履歴は、過払い請求の手続きがブームになる前には開示を拒否する貸金業者も多く、苦労した方もいましたが、平成17年7月19日に最高裁判所から「貸金業者は債務者から取引履歴の開示を求められた場合には、特段の事情がない限り、信義則上これを開示すべき義務を負う」との判断がされてからは、素直に応じるようになっています。

それより前は、この取引履歴の開示請求をしても、なかなか出してもらえなかったり、開示されても改ざんされているなど利用者に不利な状況だったのです。

余談ですが、レイクなど一部のキャッシング会社は古い取引履歴は破棄したので出すことができないと一部開示に応じないことがあります。

取引履歴の開示請求について

取引履歴を出してもらうには、二つの方法があります。

  • 電話での開示請求
  • 開示請求書の送付

まずは、利用しているキャッシング会社がどちらの方法を取っているのかホームページで確認してみるのも良いですが、代表的な貸金業者の問い合わせ窓口や開示請求の方法はページ下部から専用ページに移動することができるので参考にしてください。

それが面倒だという人は直接、電話で取引履歴を出してもらうように連絡してみましょう。 各キャッシング会社の代表番号にかければ担当部署に回してくれるでしょう。

そこで「取引履歴を出してもらいたい。」と伝えるだけです。
利用目的を聞かれることもありますが、回答の内容によって開示されなくなることはありませんので、安心してください。回答例としては、

  • 引き直し計算をして過払い金の有無を確かめるため。
  • 過払い請求のため。

と、素直に話をしても大丈夫です。
あなただけが特別なことをしているのではなく、既に何万人という人たちが請求していますし、過払い請求のために使うと分かっていても、とりあえず理由を聞いているというだけのことです。

電話で取引履歴の開示請求をすると、「書面でお願いします。」といわれることもありますが、この開示請求書は、郵送してくれるので、必要事項を記入して返送するだけです。

すぐに送ってくる業者もあれば、1週間ほど時間がかかる業者もあります。
すぐにでも欲しい人は、支店に取り行けばもらえるはずです。

開示された取引履歴の内容を確認しよう!

貸金業者から取引履歴が開示されたら、内容を確認しましょう。
確認する内容ですが、一つ一つの取引の経過は記憶にないと思いますから、せめて契約時から開示されているか確認しましょう。

開示された期間が短くなっていれば、取り返せる過払い金も減ってしまいますので、ご注意を。貸金業者の中には、「古いデータは社内規則により破棄しました。」と言ってくることもあります。

理由がどうであれ、全ての取引が開示されない場合、過払い金の確認をするための引き直し計算の方法が変わります。

全ての取引履歴が開示された場合は、

取引履歴の一部が開示されない場合は

という利息計算の方法を使うことになります。

取引履歴には手数料がかかる場合もある

取引履歴の開示の義務については最高裁の判例もあり、キャッシング会社は拒むことはできませんが、開示にあたって手数料を取ってはいけないという決まりはありませんです。

大手のキャッシング会社は郵送費用を含めて無料としているところが多いので、無料であることが当たり前と思われるかもしれません。

しかし、中にはオリコのように取引履歴の開示手数料として1,000円を取る場合もありますし、クレディセゾンのように郵送料として380円分の切手を取る場合もあります。

過払い金を取り戻そう! ~過払い請求NET~