過払い請求NET

プロミスに過払い金の返還請求をした時の記録を公開しています。

払いすぎた利息を自分の力で取り戻そう!

プロミスについて

アコムと同じように銀行の傘下に入ったプロミスは、貸金業者として生き残れていますね。プロミスは三井住友銀行の系列です。

平成24年7月1日、プロミスからSMBCコンシューマーファイナンスと社名変更をしましたが、今まで通りプロミスへの過払い請求は可能です。

また吸収合併したクオークローン(ぷらっと)、サンライフ、三洋信販に対する過払い請求もプロミスへ行うこととなります。

プロミスに過払い請求をしたときの対応

訴訟前の和解交渉で過払い金を取り戻すのは弁護士や司法書士に依頼した場合でなければできないのは他の貸金業者と同じです。

その際、過払い金全額+利息という条件では和解できないことは理解しておいてください。

訴訟になれば、ほとんどの場合、2回目の口頭弁論期日の前に和解となります。

争ってくる点は、

  • 悪意の受益者であるか
  • 一連取引か、取引が分断されているか

といったところではないでしょうか。

ただ、悪意の受益者についての最高裁の判例があるので反論できますし、一連取引についても取引履歴を確認することで反論できるのでたいした問題ではないと思います。

プロミスが吸収合併した会社のことも忘れずに!

プロミスへのキャッシングだけでなく、吸収合併した

  • アットローン
  • 三洋信販(ポケットバンク)
  • サンライフ
  • クオークローン(ぷらっと)

への返済も済ませておくか、あわせて過払い請求をしましょう。

アットローンは利息制限法の範囲内の貸付だったので過払い金が発生することはありませんが、三洋信販・サンライフ・クオークローンは過払い金があるかもしれません。

もし請求した過払い金とグループ全体で見た借金の残債はそうさいされます。その結果、過払い金が多ければ良いのですが、借金の残債の方が多い場合、債務整理をしたという扱いになり、信用情報機関にその旨が登録されることになります。

読んでおきたい記事

社内ブラック扱いされるのは覚悟しておく!?

過払い請求をしてもブラックリストに載ることはありません。
しかし、それは信用情報機関のブラックリストに載らなくなっただけで、プロミスの与信システムでは、「○○さんは過払い請求をした」という記録が残ることになるでしょう。

所謂、「社内ブラック」になったという状況になります。

そうなってしまうと、今後、プロミスが関係するところからは、お金を借りることはできなくなる可能性が高くなります。

三井住友銀行カードローンを利用している人も注意が必要です。
プロミスから借りているわけではないのですが、プロミスが保証会社となっています。過払い請求をすることで保証が受けられなくなり新規の借入ができず、返済だけ求められることもあります。

もちろん、「社内ブラック」があった場合・・・という推測に基づいた判断ですし、審査に通すか、保証をするかというのはプロミスの与信システムが判断することですから過払い請求をしたからといって必ず不利益を被るわけではありません。

ただ、「そうしたリスクが多少ある」ということを理解しておいてください。

自分で裁判をしようと考えている人へ

プロミスを相手にした過払い請求の体験談

プロミスからお金を借りたのは、1998年の夏頃でした。
限度額50万円の張り付きで利用していました。

ただそれほど長い年数借りていたわけではないので、支払いすぎた利息というはほとんどないかもしれません。
そんな管理人の過払い請求の記録も読んでみてください。

体験談:過払い金を確認して、プロミスへの電話連絡

どれくらい利息を支払いすぎているのか取引履歴をもとに利息計算をして、電話で返還交渉してみました。

体験談:プロミスを訴えて、過払い金が返金されるまで

弁護士・司法書士でなければ訴訟前の交渉には応じないと言われたので個人で裁判をすることにしました。そして返金されるまでの記録をまとめています。

過払い金を取り戻そう! ~過払い請求NET~