過払い請求NET

過払い請求を法律事務所に相談してみよう!

払いすぎた利息を自分の力で取り戻そう!

過払い金が発生する条件とは

キャッシング会社でお金を借りて、返済している人であれば、誰でも過払い金が発生するというものではありません。過払い金は、本来支払う必要がなかったお金をキャッシング会社に支払っている人にだけ生まれるものなのです。

絶対条件として挙げられるのが、借入金額と実質年率です。

  • 1社での借入元本が10万円以下で、利息が20%を超えている人
  • 1社での借入元本が10~100万円で、利息が18%を超えている人
  • 1社での借入元本が100万円以上で、利息が15%を超えている人

この条件に該当していないと、いくら取引年数が長くても過払い金が発生することはありません。つまり、利息制限法という法律の範囲を超えて利息を支払っている人だけが、過払い金が発生するということになります。

そして、絶対条件を満たしている人で、既に完済している人
この人は少なからず、過払い金が発生しています。

まだ返済途中の人でも4~5年の取引年数があれば、過払い金が発生しているでしょう。 (利用状況によります。)

過払い金は、既に完済している人、4~5年以上・20%を超える利息を支払っている人に発生します。

また現在借り入れが残っている人、つまり返済中の人でも、以前、1度は完済したことがあって同じ会社から再び借りた・・・という人も過払い金が発生しているでしょう。

上で説明したのはあくまで目安ですが、過払い金がどれだけあるのか確認するためには引き直し計算という方法を使います。
この後でも説明しますが、簡単に計算できます
目安を参考に、まずは難しく考えず確認すために取引履歴と呼ばれる借入・返済の全記録を貸金業者に送ってもらうことからはじめましょう。※貸金業者別 取引履歴の請求方法について

クレジットカードのキャッシングでも過払い金はある?

貸金業者や信販会社からの借入ではなく、クレジットカードのキャッシングを利用していたという人もいるかと思います。

過払い金が発生しているかどうかは借入先がどこだったかではなく借り入れしていたときの金利によって発生するかどうかが決まりますので、過払い金が発生している可能性もあります。

クレジットカードだとショッピングで利用する場合は、15%以下の利息となっていますが、キャッシングの場合は利息制限法をを超えた金利で貸し付けていた会社もありました。

まずは取引履歴を取って引き直し計算をすることから始めてみましょう。

過払い請求で知っておきたい知識や雑学

過払い金を取り戻そう! ~過払い請求NET~