過払い請求NET

過払い請求をしても信用情報機関に事故情報は載りませんが、その貸金業者の社内ブラックには載ることになります。

払いすぎた利息を自分の力で取り戻そう!

永久ブラックとも言われる社内ブラックについて

過払い請求をしてもブラックリストに載らなくなりました

しかし、貸金業者の与信システムにはあなたが過払い請求をしたという事実が残ることになります。
この状態が「社内ブラック」と呼ばれる状態です。

信用情報機関に登録されていた情報は5~7年ほどで削除されていましたが、貸金業者が持っている与信システムに情報が登録されてしまえば永久に消えないとも言われています。この消えることのない社内ブラックの情報が、今後の生活に影響を及ぼすこともあります。

どういうことでしょうか?

社内ブラックになった時のデメリットについて

過払い請求をするということは、今ある借金がゼロになり、しかも過払い金が戻ってくることになります。それ以降、借金をするような生活から離れることができれば良いのですが、その後もキャッシングを利用しようとする時に影響が出ます。

  • 今後、その貸金業者のキャッシングの申込をしても、まず審査に通らない
  • その貸金業者の親会社・子会社の審査も通らない可能性が高い。
  • その貸金業者の親会社・子会社で利用しているカードで新規借入ができなくなる可能性がある。(※返済しかできなくなる。)
  • その貸金業者が他社サービスの保証会社となっている場合は審査に通らない可能性が高い

審査に通らなくなるというのは分かりやすいと思います。
過払い請求をしておきながら、もう借金の申込か!ということにもなるでしょうし、過払い請求をした人に貸したくないという気持ちもあるでしょう。

次に新規借入ができなくなるということですが、社内ブラックとはいえあなたの信用情報にキズがついたことに変わりはありません。つまり、あなたにお金を貸すだけの信用はなくなったということになるのです。ですから、貸金業者として新たにお金を貸すことをせず、返済だけしてもらうということもできるわけです。
お金を貸すかどうかは貸金業者の自由なので文句は言えません。

最後の保証会社についてですが、例えば三菱東京UFJ銀行のカードローンを利用する場合、保証会社はアコムになります。三井住友銀行カードローンを利用するならプロミスです。保証会社であるアコムやプロミスに過払い請求をしていれば保証を断られる可能性もあり、審査に落ちることになるでしょう。

これらのカードローンに申込をする場合の条件として、「保証会社の保証が受けられる方」という条件がありますから仕方がないですが、低金利である銀行のカードローンが利用できないのは大きなマイナスだと思います。

必ず社内ブラックになるわけではない

過払い請求をした人が必ず社内ブラックになるわけではありません。

サラ金専業の貸金業者の場合は、諦めた方が良さそうですが、信販系や流通系、クレジットカード会社の場合、過払い請求をしても、そのままカード(キャッシングもクレジットカードも)が使えるところがほとんどです。

例)オリコ・セディナ・セゾン・・・

きちんと利用した金額に対して支払いを行っていたのであれば、今後も普通に使えるでしょう。

貸金業者の場合は別の会社を利用すれば良いだけのことです。
まぁお金を借りることのない生活を送ることが一番なのですが。

過払い金を取り戻そう! ~過払い請求NET~