過払い請求NET

過払い請求するとブラックリストに載る?自分の信用情報を守るためのポイントを解説。

払いすぎた利息を自分の力で取り戻そう!

過払い請求とブラックリストの関係について

日常生活に大きな影響を与えるブラックリスト。
そのブラックリストがどこにあって、どのように運用されているのかなどの基礎知識は専門サイトをご覧ください。
※外部サイト:ブラックリスト完全ガイド

肝心の「過払い請求をすると信用情報機関に登録されるのか?」という点についてまとめています。

過払い請求がブラックリストに載らなくなるまでの経緯

確かに過払い請求をすると信用情報機関に「債務整理」をしたという記録(コード32)が登録されていた時期もありました。

しかし金融庁が過払い請求をしても信用情報機関に「債務整理」をしたと登録するなと要請をかけます。

貸金業界も金融庁からの要請を無視することはできません。
そこで新たに「契約見直し(コード71)」という新しい分類を作り、過払い請求をした人を把握するようにしたのです。

それが平成19年9月のことでした。

契約見直しの記録が付くと言うことは、ブラック入りしているのと同じです。過払い請求を断念する人も中にはいました。

実質、「債務整理(コード32)」と変わりがない状況に金融庁が再び動きます。2010年1月14日、金融庁は過払い請求をした履歴を信用情報から削除する方針を決めました。そして、信用情報を取り扱っている日本信用情報機構が2010年4月19日より新規登録の受け付けをせず、また登録されている情報についても削除することを発表しました。

2010年4月19日以降は、過払い請求をしてもまったく不利益になることがなくなったのです。

それでもブラックになってしまう例外がある!?

「過払い請求をしたらブラックになった。」という人もいますが、実は誤解です。

過払い請求は引き直し計算をした結果、貸金業者に支払いすぎたお金があり、それを返してもらうという手続きです。

この手続きをしている人は、ブラックになりませんし、もし誤って登録されてしまったとしても情報を消すことができます。

しかし「過払いでブラックになった」といっている人のほとんどが、過払い請求をして(いるつもりで)ブラックになっているのです。

このような人が登録されます。

  • キャッシングは完済、または返済中で、その会社のクレジットカードも利用している人でカードの利用残が返してもらう過払い金より多い場合
  • 借金返済中の人が引き直し計算をした結果、借金の残金は大幅に減ったが過払い金が出るほどではなかった場合
  • 過払い金が発生しているが、貸金業者が吸収合併した会社からもお金を借りていて、その利用残が返してもらう過払い金よりも多い場合

どの場合も「過払い金 < 利用残」となっています。
この状況で手続きを進めると残っていた借金は大幅に減るかもしれませんが、これら手続きは過払い請求と呼ばず、任意整理・特定調停といった債務整理の方法の一つになってしまいます。

結果、信用情報機関に事故情報が記録されることになってしまうのです。

弁護士・司法書士に頼むとブラック入りしやすい?

以内だと思う人もいるかもしれませんが、弁護士や司法書士に依頼した場合もブラック入りしやすいです。

弁護士や司法書士に過払い請求を依頼すると受任通知というものを貸金業者に発送します。

受任通知の効果
受け取った段階で貸金業者は債務者に取り立てなど直接連絡が取れなくなるので平穏な生活を取り戻せる
借金返済中の場合、和解まで借金返済を中断できる

受任通知は大きなメリットもありますが、別名、「介入通知」・「債務整理開始通知」ともいわれるものです。

信用情報機関の一つ日本信用情報機構(JICC)では、貸金業者が受認通知を受け取ってから和解するまで「債務整理」として登録されることになっているのです。

手続きが進んで過払い請求として手続きが完了すれば、債務整理ではありませんから信用情報機関に登録された情報が削除されることになります。これでブラックではなくなります。

ですので弁護士や司法書士に依頼した場合は一時的にブラックリストに載ることもあるということを覚えていてください。

事故情報が登録されないための対応

過払い請求をしようと思っている貸金業者(子会社含む)への借金は全部返済して、その会社のクレジットカードの利用代金も全部返済しておくことです。

自分で返済するのが難しい場合は、身内に相談してみるか、おまとめローンを活用する方法もあります。

完全に完済している状況であればブラックリストに登録されることは絶対にありません。

ちなみにブラックリストに載ってしまった人の体験談を読んだことがありますか?
あまり感心できることではありませんが、下記のサイトは自分のところに届いた貸金業者からの督促状や訴状なども公開しているのでのぞいてみるのも良いかもしれません。
金融ブラックリスト、信用情報にキズをもつ管理人の体験談

社内ブラックになるのは諦めよう

信用情報機関に登録されるのではなく、その貸金業者の社内データベースには過払い請求をしたお客さんとしてきろくされることになるでしょう。また社内データベースからは消えることがないとも言われています。
※詳しくは社内ブラックは、永久ブラック?をご覧ください。

過払い金を取り戻そう! ~過払い請求NET~